いらっしゃいませCoCoRoです

私たちは、心と身体と運気の全てが良い状態になることで、本当の幸せな人生を送れるのではないでしょうか? そこで、心の問題には「心のセラピー」、身体の問題には「レイキヒーリング」、運気の問題には「六爻占い」と 「パワーストーン」で、あなたが幸福になるようにお手伝いをさせていただければ幸いです。

旧ホームページをご覧になりたい方はhttp://old.cocoro-br.comにどうぞ。

2013年1月24日木曜日

欲にも色々2

「自分は欲がある」と認めることは、欲望のままに生きるってことでは無いですからね。

欲望を満たすことだけに、エネルギーを使ったら快楽は得られるかもしれないけど、
幸福感は無いんじゃないだろうか?

人は「ほめられたい」「認められたい」「愛されたい」っていう欲もありますよね。

でも、これって自分自身のことを<愛してる>人と<愛してない>人では
受け取り方に差が出るような気がします。

<愛してる>(好き)な人は、自分にOKをだしてるので、
ほめられる、愛される、認められるを素直に受けられるし、喜べる。
でも、だからと言って、相手に無理に合わそうともせず、自然体でいられるような。

<愛してない>(嫌い)な人は、自分にNOをだしてるので、
ほめられ、愛され、認められても、不安だし、信じられない。
そのくせ≪愛されたい・認められたい≫の思いが強くなっていく。

自分で自分にOKがだせないから、人にOKを出して欲しくてたまらないのに、
「私なんて…」って、受け取りを拒否してしまう。 

そんな悪循環になってしまう気がします。

自分にOKが出せない理由の一つが、自分の中にある基本的・土台の欲に対する偏見だったりしませんか?

有って当然なものを、見下して、無くそうとがんばって、無理してませんか?

でも、それに対する価値観は、多くの場合、宗教的、道徳・倫理観から来ていますよね。
要は、自分自身ではない、他者の考えを押し付けられているのかも…です。







0 件のコメント: