いらっしゃいませCoCoRoです

私たちは、心と身体と運気の全てが良い状態になることで、本当の幸せな人生を送れるのではないでしょうか? そこで、心の問題には「心のセラピー」、身体の問題には「レイキヒーリング」、運気の問題には「六爻占い」と 「パワーストーン」で、あなたが幸福になるようにお手伝いをさせていただければ幸いです。

旧ホームページをご覧になりたい方はhttp://old.cocoro-br.comにどうぞ。

2013年4月21日日曜日

No title

Renさんのコメントのなかに、

「自分はできているのに、相手はできていない」
「 説教できるほどの行いができていれば・・・」

この「できている」の基準はなんでしょう?
あなたと比べて私はできている(やっている) じゃないかな?

あなたより「私」はがんばっている かもしれない。

これだと、自分の「意見」「気持ち」を伝えるのに疲れないかな?
素直に今の私はこう思うんだけど と言っていいんじゃないかな? 

自分自身を誰かと比較することで、自分の価値を決めているようにみえますよ。
「自分以外の他者が私の価値を決める」という鏡の世界を創ってしまうかも・・・。

鏡に世界というより、思い込みの世界かな。

私たちは自分の思い込みを自分の世界に映し出しているんじゃないかな?

「思い込み」は「記憶」「データー」ともいえる。
でも、「記憶もデーターも」書き換え出来るもんですよね。

自分が楽で自由になるように<書き換え>しませんか?

鏡に映る世界を「自由で楽しい私」で良いんだと思い込んでみましょう。
(私自身もそんな風に書き換え中です) 

1 件のコメント:

Ren さんのコメント...

SECRET: 0
PASS:
ありがとうございます。。。
「比べる」という行為は、
呼吸をするように、もう、ほとんど無意識的に足を一歩踏み出す時には、
既に比較が始まっている・・・というぐらいに習慣化している行いのようにも
私には思えたりもします。。。(これも思い込み・・?)
なので、比較はしても、比較した結果、
それはそれで、否定するのではなく、
そのような傾向、特性があるのかな。。。
そうすることで、人は意識的、また無意識的にバランスをとっていたりするのかもしれない。。。
なるほど、様々な選択肢や、癖があってもいいではないか・・・
自由とはありがたいな、只、責任も追随することを忘れてはいけないのかもしれないが、どうだろう・・?
そう、頑なになる必要なんてないのかもしれないのかもな・・・と思ってみたりしました。。。
そして、「自分以外の他者が私の価値(基準?)を決める」というのは
もう既にそのような流れの中で私たちは生きていて、
その流れの中で、取捨選択は自由なわけで・・・
なんてありがたいことなんだろうかと思ったりもするわけです。。。
みんな、それぞれがんばっている。。。
私も私なりにがんばっているし、
その人はその人なりにがんばっている。。。
何を説教することがあろうかと、
「勘違いも大概にしなさい!」と、
まるで、肉親に説教されている画像が浮かんできます。。。
そして、これこそが「記憶」であり、蓄積された「データ」なのでしょうね。。。
でも、そちらを選択する自由もあるわけで。。。
・・・ああ、私って、つくづく、こんな人間・・・
でも、決して、悲観しているわけではないのです。。。
感謝しています。。。
長くなりましたが、どうもありがとうございました(^^)