いらっしゃいませCoCoRoです

私たちは、心と身体と運気の全てが良い状態になることで、本当の幸せな人生を送れるのではないでしょうか? そこで、心の問題には「心のセラピー」、身体の問題には「レイキヒーリング」、運気の問題には「六爻占い」と 「パワーストーン」で、あなたが幸福になるようにお手伝いをさせていただければ幸いです。

旧ホームページをご覧になりたい方はhttp://old.cocoro-br.comにどうぞ。

2013年5月26日日曜日

No title

自分を愛するとは、自分をありのまま受け入れること。
でも、今の自分で良いんだと居直ることではない。
愛する自分だからこそ、もっと好きな自分になっていこうと思える。
変化していく自分を楽しめる。
愛している自分だから、ひとに愛されることを素直に受けいられる。
自分を愛するとは、義務ではない選択するだけ。

「愛したい」と「愛さねば」では意味が違ってくる。

「愛したい」は愛したいから愛せばいいと単純。
「愛せねば」は愛するためには、あれもこれも・・何かをしなければと、
どんどん余分な概念・感情・思考がループしてくる。

そして、あれもできていない、これも出来ていない と粗探し


上記はあくまでもCOCOROてき考察ですが・・・ 

2013年5月20日月曜日

No title

願望実現とか、成功哲学とかでよく言われる
「思考は現実化する」

思考では無く、感情だとか、思考はエゴだから手放すべきだ
とかは、横に置いておいといて。

要は全て自分が自分の人生を創りだしている。 
という1点においては共通した認識だと思います。
(私の知る限りですが・・)

だとすると、何よりも大事なのは
自分が自分に対する評価・感情がどのようなものなのか。

仮に自分自身を否定したり、嫌ってたりしてるとします。 
何よりもここが核なので、それが基準の自分の世界を創りだしますよね。 

では、どうやって自分自身を愛するのか?

決意する  だけじゃないかな~。

人からどう評価されようと、過去はどうであろうと、
今の自分を愛する、大好きになると決意する。

自分自身に向かって
「私は○○(自分の名前)を愛しています。大好きです。
根性なしでグータラで甲斐性なし(私の事です)かもしれないが
そんなとこも含めて、愛してます。大好きです」 と言い聞かせて
ついでに「そんな私が創り出している私の世界を愛しています、大好きです」とつぶやいてみませんか。

その時に「私は」という表現ですが、普段使っている表現の方がいいかもです。
「あたいは」「うちは」「俺は」「僕は」など
普段から 「わたくしめは」と上品な表現されている方もいるかもしれませんが(笑)

このまえふっと閃いたんですが
「愛」と「受」って似てません? 心から受け入れるから「愛」
(1画多いとツッコマナイデネ)
 

2013年5月4日土曜日

No title

記憶・データの手放し方の方法の一つとして
今までと違う視点で今起こっていることを見てみるのはどうでしょう。

全て自分にとって都合のいい方に解釈してみる。
それも意識的に、なかば強引に(笑)

道端で犬のうんこ踏んじゃったら、運がついた!
急に雨に降られたら、乾燥してたお肌が潤ってうれしい! とか

なにか思い悩んでることがあって、それをなんとかせねばとガンバッテいるなら、
その状況にたいして「これでいいのだ~」とつぶやいてみると
肩の力がぬけてもっとポジティブになれるかも 

世界は自分中心に回っていると「感謝」してみる
<世界の中心でありがとう!とさけぶ>←なんか映画のパロディぽくていいね~

もちろん、自分以外の他の人も「その人中心に世界はまわっている」と尊重しましょうね。
こちらから見て「大変そう」「かわいそう」ともし思っても、そのものの捉え方を
「すごい体験をえらんでるな~」と尊重して「あなたならきっと乗り越えれるとおもう」と信頼に変えてみる。
ただし、相手に言葉で伝えるのではなく、心のなかで思うだけのほうがいいとは思います。
ひとによっては却って感情的になるかもしれませんから・・

「私ってすごい体験選んでるな~」「でも私ならきっと乗り越えられる」と自分自身を信頼することが
一番大事ですよね。
自分を信頼することが、自分中心の世界で他者を演じてくれている人を信頼できる、
に繋がっていくと思うんです。

そして、「すごい、大変な体験」から「楽しい、うれしい、幸せな体験」にシフトしていきたいものです